アクセスアップツールはアフィリエイターの必須アイテム!
アクセスアップツールはアフィリエイターの必須アイテム!
家 建てたり なんかしたり・・・

家 建てたり なんかしたり・・・

家づくりに奮闘する肉体派の30代  日々の思いをなんとなく書いてみたりして・・・

04 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »06

プロフィール

kumaotoko

Author:kumaotoko
height:183cm
weight:90kg
work:architect


全記事(数)表示

全タイトルを表示


カテゴリー


最新の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別過去の記事


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --.--.-- --:--


成長していくのだ
このブログにもすでに登場した僕がむかーしに後輩と共同でデザインした美容室

オーナーさんはとてもいい方で、いつも髪を切ってもらっている。

この前の日曜日、久しぶりにこの美容室に行ったら、なんかいつもと雰囲気が違う。

んっ?

そう、入り口に小さく植物が仕込まれていたのだ。


円とらんす



この植栽がしてあるところは、元々はちょっと大き目の黒い砕石を入れていた。
もちろんそれも残っているが、そこに鉢に入れた小さなコニファーとかを入れてある。
下がコンクリートなので、植えることはできないが、鉢に入れてなら可能だ。
知り合いの花屋さんがやってくれてみたいで、水とかもやりに来てくれるそうだ。

自分がデザインしたときは、下駄履きマンションのテナントなので、エントランス横の植栽なんて考えもしなかったが、実際、やってあるのを見ると、とてもかわいらしくいい感じだ。

つくづく、建築というものは成長するものだと
感心したのでした

ちゃんちゃん

クリック!クリック!
-人気blogランキングに参加中です-
建築を考える / 2007.03.30 20:44 / TB[0] / CM[6]


会所とリビング
先日の打合せでお客さんがこんなことを言った。

「客間はどうしてもつくりたい」

よくよく話しを聞くと、さらに客間は日当たりのいい一番いい場所に設けたいとの事だ。
しかも、客間は普段は使わないそうだ。


日本建築は「会所」と呼ばれる部屋、もしくは独立した建物がある。
鎌倉期に発生し、客をもてなすためのものだ。
初めは一つの部屋として設けられ、次第に会所建築とも呼ばれる独立した建築物としてつくられるようになる。

「会所」が発生した理由としては、鎌倉期の封建社会の仕組みが大きいと言える。
封建社会では自分より目上の人をもてなすということは非常に重要な行為である。
そうして、生活の場とは切り離した、もてなしの場としての「会所」をつくる必要性が出てきたのである。

現代においてはどうだろう。
人をもてなす空間は「客間(会所)」ではなく、「リビング」という人が多くなっていると思う。
「客間」と違い、「リビング」は生活をする空間でもある。
「人をもてなす」ということと「生活をする」ということの重要度が同じか、それよりも生活を重視するという現代人の考えが「客間」の衰退と「リビング」を発展を後押ししたのだろう。
もてなしと生活の境があいまいな西洋的な考え方の浸透もあるだろう。

建築というか「間取り」は時代を映す鏡である。もちろん人を映す鏡でもあるが・・・

100年後はどんな時代になり、そしてどんな「間取り」が流行るのだろうか。

そう考えると楽しくないですか?
えっ 楽しくない?

そんなことないです。
未来への妄想、大昔への妄想。
やっぱり妄想はすばらしい。
建築史なんてつまらないという貴方。

妄想から始めてみませんか?

久しぶりのブログかと思ったらまたつまんねえ文章書きやがって
そんなことよりエロウィルスどうにかしろ!
と思った方も、そうでない方も
クリック!クリック!
-人気blogランキングに参加中です-

建築を考える / 2007.03.25 01:23 / TB[0] / CM[7]


怪しい男・・・
みなさん こんな怪しい男を見かけたことありませんか?

こんべっくす


上の写真のようなスケール(コンベックス)をいきなりとりだし、いろいろなところを測っている男・・・

怪しい、怪しすぎる。

でも、その人は建築関係、特に設計を生業としている人の確立が高いです。

気になった寸法をついつい測ってしまう。
家具の寸法、高さ、間隔、などなど・・・

クセなんです。
また、そうしろと教えられて来たのです。

決して怪しまないでください。

悪気はないんですから。

だけど、測る対象が見知らぬ女性の体だったらその人は変態です
(変熊ではありません。字を間違えないように)。
通報してください。

しかし、最近は僕も持ち歩かなくなったっす。
情熱が薄れているのか・・・
だからスケールを持ってない時は手のひらをあてて、測っています。
「1、2、3と半分うーん700か・・・」

だけど、スケールでなく手で測る場合、その対象が見知らぬ女性だと、必ず通報される、どころか現行犯逮捕されます。

気をつけなくては・・・

僕はスケールで自分の○○○を測ってましたという方も、そうでないかたも
クリック!クリック!お願いします。
-人気blogランキングに参加中です-



建築を考える / 2007.03.20 17:32 / TB[0] / CM[10]


物欲 その1
今日は京都の景観条例について書こうと思いましたが、突然、物欲がふって湧いたので物欲ネタでいきます。

最近、これがほしいといった欲求がてんでないので面白くないのですが、先日の誕生日に嫁から「何がほしい?」と聞かれて思い浮かんだのが「時計」でした。

僕は結婚した際、嫁さんからもらった時計があるので、必要ないといえば必要ないのですが、かなりほしい時計が実はあります。
昔は、パネライの時計が欲しくてしょうがなかったのですが、今ほしいのはこれ↓

roidotemaki



roidokurono


ベンチュラやカーキシリーズで有名なハミルトン社の時計です。
上がロイド・オート(定価71,400円)
下がロイド・クロノ(定価65,100円)

パネライに比べて、お金のない僕にも手の届く価格。
見た目は下のクロノがちょっとだけ派手でいいんですが、オートの何気ないシンプルさも捨てがたい。
ただし、オートは自動巻き、クロノはクォーツ。
時計としてはやはり自動巻きが魅力だ。

しかし、オートは前に友人が購入。同じものはちょっとね。
友人は「気にしなくても・・・」と言うが。

そして、ロイドと言う名前。
建築関係の方、建築好きな方はお気づきかと思いますが、かの偉大な建築家「フランク・ロイド・ライト」のロイドです。
ハミルトン社がライトへのオマージュとしてつくった時計なのです!
建築が好きな方はびびっときましたよね!
これは買うしかない!
ただ、みんなが買うと品薄になってしまうのでほどほどに・・・

時計がほしい。でもお金がない。
でも、ちょっとはオシャレしたいという方。
ロイドに限らず、ハミルトンの時計はおススメです。

ロイドについての詳細はコチラで・・・

この時計ほしい!と思った方も、いや私はイラネと思った方も
クリック!クリック!お願いします。
-人気blogランキングに参加中です-
雑記 / 2007.03.14 21:10 / TB[3] / CM[10]


今日は・・・
今日はあまり日記を書く気分じゃないので
おバカ日記を再upします

それではです



建築基準法に限らず、法律に出てくる言葉って長くて難しいですよね。ちなみに最近まで「建ぺい率」「容積率」なんて言葉は基準法にはなく、「建築物の延べ面積の敷地面積に対する割合」とか実に長ったらしく書いてありました。

そこで問題です
以下の言葉は建築基準法上、どのように書かれているでしょうか。

①ソー○ランド、○ルス
②ラ○ホテル
③アダ○トショップ

答えは・・・

* 続きを読む...
未分類 / 2007.03.11 13:19 / TB[0] / CM[3]



< NEW  +  OLD >


くまック

ブログパーツの森


りこめんど!

おすすめです!

住まいのコミュニティサイト House Park SNS(通称:Howpa)


ランキング参加中!

1クリックおねがいします

FC2ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログへ

人気blogランキングへ


FC2カウンター


ブログ内検索


RSSフィード


フリーエリア


フリーエリア


なかのひと


* Designed by cadet; * -----【Login】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。