アクセスアップツールはアフィリエイターの必須アイテム!
アクセスアップツールはアフィリエイターの必須アイテム!
家 建てたり なんかしたり・・・ 2007年04月02日

家 建てたり なんかしたり・・・

家づくりに奮闘する肉体派の30代  日々の思いをなんとなく書いてみたりして・・・

03 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »05

プロフィール

kumaotoko

Author:kumaotoko
height:183cm
weight:90kg
work:architect


全記事(数)表示

全タイトルを表示


カテゴリー


最新の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別過去の記事


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --.--.-- --:--


維持管理を考える
先日、むかーしうちで建てた家のお施主さんから連絡があり、どうやら給水管から漏水しているようだと連絡があった。

私のひいおじいちゃんの代に建てたものなので、もう60か70年くらいになる建物だ。
どうやら、古い鉛管?がダメになったらしい。

こういった、水道のトラブルの時には、修理して直るまで、元のバルブを止める事になる。
すぐに修理できればいいが、夜中などすぐに修理できない場合は、元のバルブを止めてしばらく(次の日の朝とかまで)生活しなくてならない。
タンク式のトイレなら、バケツに水を貯めて置けば、何回かは使うことができる。しかし、貯めておけなかったら、夜中とかにトイレしたくなったら、外に出てバルブを開きに行かなくてはならない。
結構、不憫だ。

現在進行中の3階建ての家。
各階毎にバルブが設置してある。
そして、バルブの所に点検口(1階は床下、2階と3階は下階の天井裏)を設けるので、各階毎で水道を止めることが可能だ。
例えば1階でトラブルがあった場合はとりあえず1階だけ止めれば、2階、3階のトイレは使える。
木造2階建でもそうすると便利だ。
最近は1、2階共トイレをつけるので、どちらか一方は生かしておくことができる。(大元がダメになったらしょうがないが・・・)

最近は工法や材料も変わって、トラブルは起きにくくなっているが、まあ、備えあれば憂いなしと言ったところか。

しかし、ヘッダー設置部分、各階バルブ部分、排気筒部分など全てにつけると水道分だけでも結構、点検口が多くなる。
電気分も含めるとかなりの数になる。
そのあたりを意匠的にどうまとめるかが思案のしどころでしょう。

クリック!クリック!
-人気blogランキングに参加中です-



スポンサーサイト
家を考える / 2007.04.02 19:01 / TB[0] / CM[4]



 + 


くまック

ブログパーツの森


りこめんど!

おすすめです!

住まいのコミュニティサイト House Park SNS(通称:Howpa)


ランキング参加中!

1クリックおねがいします

FC2ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログへ

人気blogランキングへ


FC2カウンター


ブログ内検索


RSSフィード


フリーエリア


フリーエリア


なかのひと


* Designed by cadet; * -----【Login】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。