アクセスアップツールはアフィリエイターの必須アイテム!
アクセスアップツールはアフィリエイターの必須アイテム!
家 建てたり なんかしたり・・・ 2007年03月11日

家 建てたり なんかしたり・・・

家づくりに奮闘する肉体派の30代  日々の思いをなんとなく書いてみたりして・・・

02 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »04

プロフィール

kumaotoko

Author:kumaotoko
height:183cm
weight:90kg
work:architect


全記事(数)表示

全タイトルを表示


カテゴリー


最新の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別過去の記事


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --.--.-- --:--


今日は・・・
今日はあまり日記を書く気分じゃないので
おバカ日記を再upします

それではです



建築基準法に限らず、法律に出てくる言葉って長くて難しいですよね。ちなみに最近まで「建ぺい率」「容積率」なんて言葉は基準法にはなく、「建築物の延べ面積の敷地面積に対する割合」とか実に長ったらしく書いてありました。

そこで問題です
以下の言葉は建築基準法上、どのように書かれているでしょうか。

①ソー○ランド、○ルス
②ラ○ホテル
③アダ○トショップ

答えは・・・

* 続きを読む...
スポンサーサイト
未分類 / 2007.03.11 13:19 / TB[0] / CM[3]


建築は美術か?
右にある「住いブログ」というのを押すと、上の方のバーナーに「数学は苦手・・・ だけど本当は「建築家」になりたい!」と書いてある。
(と言って押させてしまうのです)

この文言をそのまま捉えると、数学ができないと建築家にはなれないということになる。
確かに日本では建築=工学と捉えていることが多く、実際に大学では建築学科は大抵、工学部に所属する。
しかし、美術系大学や美術学部にも建築学科はある(東京芸大、多摩美術大学など)。

ヨーロッパでは建築というと工学というより美術の部類と捉えることが多いらしい。
確かに建築においてエンジニアはその一部に過ぎない。
トータルで考えれば、建築デザインという言葉が示すように美術として捉える方が正確かもしれない。

それでは建築=美術品なのか?確かにガウディの建築を見ると美術品と思えなくもない。
しかし、誰だったか忘れたが、こんなことを言っていた人がいた。
「ガウディの建築は造形物でもある。そして、岡本太郎など芸術家も建築のデザインをすることがある。ただし、ガウディの建築と岡本太郎の建築は似て非なるものである。岡本太郎の建築は造形物の域を超えることはないが、人間が暮らす、行動するということが実は綿密に考えられているガウディの建築は紛れもない「建築」である。」

つまり、「建築」というからには、単に造形的なデザインがされているだけでなく、行為をする場としての環境が考えられてないといけないということだ。
ごく、当り前のことだが、なんだこの言葉を聞いたときは考えさせられたものだ。

クリック!クリック!お願いします。
-人気blogランキングに参加中です-
建築を考える / 2007.03.11 02:06 / TB[1] / CM[2]



 + 


くまック

ブログパーツの森


りこめんど!

おすすめです!

住まいのコミュニティサイト House Park SNS(通称:Howpa)


ランキング参加中!

1クリックおねがいします

FC2ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログへ

人気blogランキングへ


FC2カウンター


ブログ内検索


RSSフィード


フリーエリア


フリーエリア


なかのひと


* Designed by cadet; * -----【Login】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。