アクセスアップツールはアフィリエイターの必須アイテム!
アクセスアップツールはアフィリエイターの必須アイテム!
家 建てたり なんかしたり・・・ 2007年01月13日

家 建てたり なんかしたり・・・

家づくりに奮闘する肉体派の30代  日々の思いをなんとなく書いてみたりして・・・

12 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »02

プロフィール

kumaotoko

Author:kumaotoko
height:183cm
weight:90kg
work:architect


全記事(数)表示

全タイトルを表示


カテゴリー


最新の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別過去の記事


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --.--.-- --:--


古い建築、何を見るか
tatsuroさんという方に触発され、また古い建築を見たり調べたくってうずうずしています。

一般の方にとって古い建築というと寺や神社が思い浮かぶのではないでしょうか。
たしかに寺や神社もいいです。
日本建築を勉強されてから見ると、さらに楽しいでしょう。
「んっ、垂木が水平だ。ということは和様ですな・・・。」
「亀腹がゆるやかだな。ってことは結構古い・・・。」
ってな感じに見る様になります。

いや、やっぱ楽しくないですね。

ということで僕は社寺よりも民家や町屋を見ることをお勧めします。
小難しいことは別にして、その時代の生活ぶりをその場で想像していると、とても楽しくなります。
そして、民家では文化財に指定されているものでも、現在も家主の方が住まれてるケースがよくあります(別棟に住まれていることが多いですが)。その家主さんとお話するものとても楽しいです。以前、炉でたきものをして暖まりながらお話をしていただいたこともあります。穏やかな時間。最高です。

あと、ちょっと変わったところで言えば揚屋(今でいう料亭のようなもの)なんかもどうでしょうか。「あーこんなところで昔の人は接待していたんだ」とか耽りながら見るのもおもしろい。
適塾で「あー昔の人はここで希望に燃えながら勉強していたんだ・・。」というのもよし。
寺田屋に宿泊して、襲われる坂本龍馬の気分を味わうもよし。

まあ、民家、町屋系はこうやって思いに耽りやすいからよいのです。

-人気blogランキングに参加中です-

スポンサーサイト
建築を観る / 2007.01.13 18:34 / TB[0] / CM[9]



 + 


くまック

ブログパーツの森


りこめんど!

おすすめです!

住まいのコミュニティサイト House Park SNS(通称:Howpa)


ランキング参加中!

1クリックおねがいします

FC2ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログへ

人気blogランキングへ


FC2カウンター


ブログ内検索


RSSフィード


フリーエリア


フリーエリア


なかのひと


* Designed by cadet; * -----【Login】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。